FC2ブログ

『お知らせ&掲示板 2019年版』

当ブログに訪問いただき、ありがとうございます。

当ブログは翻訳ミステリを中心に読書感想を綴ったブログです。

【翻訳ミステリ】
・『このミステリーがすごい!』等のランキング誌で上位作になりそうな話題作が好みです。
・特定の好きな作家に手を出すよりも、評判の良さそうな作品を読んでいます。
・ジャック・カーリィ、ジェフリー・ディーヴァーやR・D・ウィングフィールドが好きな作家です。

【国内ミステリ】
・最近は国内ミステリをあまり読みませんが、高校時代に新本格からミステリ入門しました。
・翻訳ミステリと同じで、話題作中心ですが、たまに新本格作家も読みます。
・その中で、新刊を追っているのは、辻村深月と山口雅也くらいかな。

コメントを掲示板代わりに使ってください。


嘘の木|フランシス・ハーディング




嘘の木|フランシス・ハーディング pp.

高名な博物学者サンダリー師による世紀の発見、翼ある人類の化石。それが捏造だという噂が流れ、一家は世間の目を逃れるようにヴェイン島へ移住する。だが噂は島まで追いかけてきた。そんななかサンダリー師が死亡する。娘のフェイスは父の死因に疑問を抱くが…。謎めいた父の手記。嘘を養分に育ち、食べた者に真実を見せる実のなる不思議な木。フェイスはその木を利用して、父の死の真相を暴く決心をする。コスタ賞大賞・児童文学部門賞をダブル受賞した大作ファンタジー。

評価:★★★★☆


続きを読む

伝わるデザインの基本 増補改訂版



「もっと早く知りたかった」「職場のみんなに配りたい」と大好評のベストセラーが、さらにパワーアップ!

Wordで作る企画書・お知らせ・レポート・チラシ・パンフレット、PowerPointで作るプレゼンスライドなど、さまざまな資料を、PCで簡単に作れるようになりました。中には、ネット印刷で大量に刷るための原稿も、自分で作っているという方もいらっしゃるのでは?

しかし、Officeの機能を駆使して、がんばってデザインしてみたものの、どうも垢抜けないなあ、と思ったことはありませんか。やはりセンスがないと、かっこよく作るのは無理なのでしょうか。

実は、見栄えを良くするために必要なのは、センスではありません。学校や会社では教わることのなかった、デザインの基本的なルールに従えばいいのです。

デザインは、見栄えをよくすることではなく、情報を整理してわかりやすく伝えることが第一目的です。基本ルールに従ってデザインし、受け手のストレスになりそうな要素を減らしていけば、理解しやすい、そして見栄えもよい資料を作ることができます。よい資料とは、かっこいい資料ではなく、伝わりやすい資料なのです。

増補改訂版では、図版の作り方や実践例などを内容を拡充してさらにパワーアップ。作例の図も大きくなり、さらに読みやすくなりました。

デザインの基本的なルールに加え、そのルールをMS Officeで実現するための具体的操作方法も充実しています。

フォントの使い分けから文字の並べ方、図解・グラフ・表の作り方、全体のレイアウトなど、伝わる資料作成に必要な知識を1冊に盛り込んだ、すべての学生・すべての社会人必携の1冊です。

評価:★★★★★


続きを読む

刀と傘|伊吹亜門



明治七年二月 佐賀の乱勃発。
刀と傘|伊吹亜門 pp.259

死刑執行当日、なぜ囚人は毒殺されたのか?
明治の世に京都で生きる人々を活写した連作時代本格推理、堂々登場。

慶応三年、新政府と旧幕府の対立に揺れる幕末の京都で、若き尾張藩士・鹿野師光は一人の男と邂逅する。名は江藤新平――後に初代司法卿となり、近代日本の司法制度の礎を築く人物である。二人の前には、時代の転換点ゆえに起きる事件が次々に待ち受ける。維新志士の怪死、密室状況で発見される刺殺体、処刑直前に毒殺された囚人――動乱期の陰で生まれた不可解な謎から論理の糸が手繰り寄せる、名もなき人々の悲哀を活写した五つの物語。破格の評価をもって迎えられた第十二回ミステリーズ! 新人賞受賞作「監獄舎の殺人」に連なる時代本格推理、堂々登場。

評価:★★★★☆

第19回本格ミステリ大賞小説部門受賞作


続きを読む

体育館の殺人|青崎有吾



作者は読者へ挑戦する。
体育館の殺人|青崎有吾  電子書籍:77%あたり

放課後の旧体育館で、放送部部長が何者かに刺殺された。外は激しい雨が降り、現場の舞台袖は密室状態だった!?現場近くにいた唯一の人物、女子卓球部の部長のみに犯行は可能だと、警察は言うのだが…。死体発見現場にいあわせた卓球部員・柚乃は、嫌疑をかけられた部長のため、学内随一の天才・裏染天馬に真相の解明を頼んだ。なぜか校内で暮らしているという、アニメオタクの駄目人間に―。エラリー・クイーンを彷彿とさせる論理展開+抜群のリーダビリティで贈る、新たな本格ミステリの登場。若き俊英が描く、長編学園ミステリ。

評価:★★☆☆☆

第22回鮎川哲也賞


続きを読む

続きを読む

種の起源|チョン・ユジョン



(ユジン)
種の起源|チョン・ユジョン  pp.19

25歳の法学部生ユジンはその朝血の匂いで目覚めた。すぐに外泊中の義兄から電話があり「夜中に母のジウォンから着信があったようだが、家の様子は大丈夫か?」と尋ねられる。自分が全身血だらけなのに気づいたユジンは床の赤い足跡をたどり、階段の下に広がる血の池に母の死体を発見する…時々発作で記憶障害が起きる彼には前夜の記憶がない。母が自分の名前を呼ぶ声だけはかすかに覚えているが…母を殺したのは自分なのか?己の記憶をたどり真実を探る緊迫の三日間。韓国ベストセラー作家のサイコミステリ。

評価:★★★☆☆


続きを読む

宝島|真藤順丈



ナイキ・ハーキュリーズ(地対空迎撃ミサイル! 運動靴の名前じゃないよ)
宝島|真藤順丈  pp.401

◆祝!3冠達成★第9回山田風太郎賞&160回直木賞受賞!&第5回沖縄書店大賞受賞!◆希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり、同じ夢に向かった。

評価:★☆☆☆☆

このミステリーがすごい! 2019年版|5位
第9回山田風太郎賞受賞
第160回直木賞受賞


続きを読む

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

Lc.ツリーカテゴリー

アーカイブリスト

画像表示

ブログ内検索

FC2カウンター

ランキング