topimage

2017-05

『ダブル・ジョーカー』(柳広司) - 2014.11.16 Sun

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

「私ロビンソン・クルーソーは、一六三二年にヨークで生まれた……」
『ダブル・ジョーカー』(柳広司) pp.321

結城中佐率いる異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの諜報組織“風機関”が設立された。その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは?表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など5篇に加え、単行本未収録作「眠る男」を特別収録。超話題「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第2弾。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい!! 2010年版』  2位



『ジョーカー・ゲーム』(柳広司) - 2014.10.13 Mon

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

「絶対的現実主義者であるべき軍人が、その組織の長たる天皇を現人神などと祭り上げ、絶対視することは、本来あり得うるべからざる事態だ。とらわれることは、目の前にある状況を見誤る第一歩だ。このままでは、日本の軍隊はいかなる戦争にも決して勝利し得ないだろう」
『ジョーカー・ゲーム』(柳広司) pp.254

結城中佐の発案で陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。この戒律を若き精鋭達に叩き込み、軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く結城は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げてゆく…。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイ・ミステリー。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい!! 2009年版』  2位



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking