topimage

2017-06

『猫たちの聖夜』(アキフ・ピリンチ) - 2006.12.20 Wed

猫たちの聖夜 (ハヤカワ文庫NV)

つまり、こういう気の毒なイカレポンチってのは、心に落ち着きがないから、ひっきりなしに住居を替えることによって、その欠けた部分を埋め合わせようとしているのだ。はっきり言えば、完全な強迫神経症ってこと。だって、万物の創造主が人間に手足を与えたのは、まさか住居から住居へ、のべつまくなしに家具や食器を運ばせるためだったわけじゃないんだから。
『猫たちの聖夜』(アキフ・ピリンチ)pp.10

頭がよくてちょっと生意気な雄猫フランシスは、頼りにならない飼い主のグスタフとともに古ぼけたアパートに引っ越してきた。ところが、そこで待ち受けていたのは無残に殺された猫の死体だった。近所を縄張りとする猫“青髭”の話では、猫殺しはこれで四件目になるという。コンピュータを操る長老猫パスカルの協力を得て、フランシスは調査を始めるが…世界中で絶賛された極上の猫ミステリ。ドイツ・ミステリ大賞受賞作。

評価:★★★★☆

『このミステリーがすごい! 1995年版』 10位



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking