topimage

2017-09

『骨董屋探偵の事件簿』(サックス・ローマー) - 2013.07.15 Mon

骨董屋探偵の事件簿 (創元推理文庫)

「わたしは高感度のこの感光板で現像するわけです――大気に漂っている証拠を! 首を刎ねられた子どもは庭に埋められてしまいました。だが手を下した者のの思念はその地面に張りついたままです。わたしはそれを拾い上げるのです。子どもを殺した男は自分が見つかるはずはないと浮かれています。でも大勝利を収めるのはこのわたし。その男はもうおしまいです! 心象写真とは、そのように素晴らしい技術なのです」
『第八話 頭のないミイラ/骨董屋探偵の事件簿』(サックス・ローマー) pp.227

メンジーズ博物館の怪事件で顔を合わせて以来、わたしはモリス・クロウの捜査手法をつぶさに見てきた。事件は彼の持論をなぞるように起こり、また現場から犯罪の意図を読み取る術に長けているがゆえに、クロウは捜査官の手に余る難件をもたちどころに解決する。そのおかげでグリムズビー警部補は出世街道まっしぐら、今日もクロウへの橋渡しを頼みにわたしを訪ねてきたが…。

評価:★★★☆☆



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking