topimage

2017-09

『髑髏の檻』(ジャック・カーリイ) - 2015.09.16 Wed

髑髏の檻 (文春文庫)

「教えられるのは、彼がどうしているかだ。いまこのときの彼に必要なのは、過去と未来がともにある場所。最初と最後が」
『髑髏の檻』(ジャック・カーリイ) pp.361

刑事カーソンが休暇で赴いたケンタッキーの山中で連続殺人が。犯人はネット上の宝探しサイトで犯行を告知し、死体はどれも奇怪な装飾を施されていた。捜査に巻き込まれたカーソンの前に現れたのは、実の兄にして逃走中の連続殺人鬼ジェレミー。ディーヴァーばりのスリルとサプライズで人気のシリーズ第6弾。

評価:★★☆☆☆



『イン・ザ・ブラッド』(ジャック・カーリィ) - 2013.12.27 Fri

イン・ザ・ブラッド (文春文庫)

「なにを求める研究ですかな?」
「神の指がわたしたちを押す場所を」

『イン・ザ・ブラッド』(ジャック・カーリィ)pp.381

刑事カーソンが漂流するボートから救い出した赤ん坊は、謎の勢力に狙われていた。収容先の病院には怪しい男たちによる襲撃が相次いだ。一方で続発する怪事件―銛で腹を刺された男の死体、倒錯プレイの最中に変死した極右の説教師…。すべてをつなぐ衝撃の真相とは?緻密な伏線とあざやかなドンデン返しを仕掛けたシリーズ第五弾。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい! 2014年版』 7位



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking