topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦慄のシャドウファイア』(ディーン・R・クーンツ) - 2009.04.07 Tue

戦慄のシャドウファイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)戦慄のシャドウファイア〈下〉 (扶桑社ミステリー)


"真実"あるいは"善なるもの"や"悪"、それに"正義"やさらには"死"といった絶対的なものが、このハイテク時代にあっては、もはや絶対ではなくなったという事実を体得していた。
『戦慄のシャドウファイア』(ディーン・R・クーンツ) pp.22

エリック・リーベン―天才的な遺伝子工学者。彼はその才能を武器にベンチャー・ビジネスを成功させ、莫大な財を築いていたが、別居中の妻レイチエルと口論した直後、自動車にはねられて即死した。しかし、奇怪なことに彼の死体が、市の死体公示所から忽然と消失した。この報せをうけたレイチェルはあることに思い当たったが、それはあまりにも恐ろしい想像だった。信頼する恋人ベンとともに極秘の調査を開始したレイチェルの前に、謎の追手が立ちふさがる。一方、エリックが手がけていたプロジェクト〈ワイルドカード〉の機密流出を恐れた防衛保安情報局の高官アンスン・シャープも二人に対する追跡を開始した。〈ワイルドカード〉とはいったい何なのか?エリックになにがおこったのか?日本でも人気集中、モダンホラーの鬼才クーンツが放つ、超大型サスペンス。

評価:★★★★☆




スポンサーサイト

『ファントム』(ディーン・R・クーンツ) - 2009.02.07 Sat

ファントム〈上〉 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)ファントム〈下〉 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

「ルービック・キューブの謎を解けなくても、罰は死ではありません」
『ファントム(上)』(ディーン・R・クーンツ)pp.308

風光明媚な田舎町に異変が起こった。一夜にして全住民500人が死んだのだ!たまたま町を出ていて助かった二人の姉妹は、生者を捜してゴースト・タウンをさまよった。いったい何がこのような惨事を招来したのか?悪疫、放射能、有毒化学物質、それとも軍事用に開発された細菌兵器か?だが、見つかるのは胸のむかつく異様な死体ばかり。中には首や手を切断されオーブンに入れられた者や何かを恐れてバリケードを築き、拳銃を乱射している者まで発見された…。

評価:★★★★☆


『ウォッチャーズ』(D・R・クーンツ) - 2008.09.19 Fri

honuocyazu1.jpgbb16d0b28fa0b2f4ab326110_L.jpg

『ぼくもさびしくて死んでしまう』
『ウォッチャーズ』(ディーン・R・クーンツ) pp.126

森で拾ったその犬には、なにか知性のようなものが、意志に似たものが感じられた。孤独な中年男のトラヴィスは犬に〈アインシュタイン〉と名を与え、半信半疑の対話を試みる。徐々にわかってくる信じがたい事実。それにしても、犬は何を警戒しているのだろう。繁みの陰に、暗闇の奥に、なにか恐るべき“もの”がひそんでいるのか。

評価:★★★★☆


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。