topimage

2017-05

『ザ・カルテル』(ドン・ウィンズロウ) - 2017.05.23 Tue

ザ・カルテル (上) (角川文庫)ザ・カルテル (下) (角川文庫)

愛はすべてを打ち負かすという。
それは間違いだ、とケラーは思う。
すべてを打ち負かすのは、"憎しみ"だ。
憎しみは憎しみさえも打ち負かす。
『ザ・カルテル(下)』(ドン・ウィンズロウ) pp.393

麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。30年にわたる血と暴力の果てにもぎとった静寂も束の間、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な賞金が賭けられた。玉座に返り咲いた麻薬王は、血なまぐさい抗争を続けるカルテルをまとめあげるべく動きはじめる。一方、アメリカもバレーラを徹底撲滅すべく精鋭部隊を送り込み、壮絶な闘いの幕が上がる―数奇な運命に導かれた2人の宿命の対決、再び。『犬の力』、待望の続篇。

評価:★★★★☆

『このミステリーがすごい! 2017年版』 2位



『フランキー・マシーンの冬』(ドン・ウィンズロウ) - 2011.01.02 Sun

フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫)フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)

痛いほど分かる。
おれたちの人生は、そうできている。
すべてのものを、ひとつずつ奪われていく人生。

『フランキー・マシーンの冬(下)』(ドン・ウィンズロウ) pp.222

フランク・マシアーノはマフィアの世界から足を洗ったつもりだった。地元サンディエゴで釣り餌店をはじめ複数のビジネスを営むかたわら、元妻と娘、恋人の間を忙しく立ち回り、“紳士の時間”にはサーフィンを楽しむ62歳の元殺し屋。だが“餌店のフランク”としての彼の平和な日々は、冬のある一日に突然終わりを告げる。過去の何者かが、かつて“フランキー・マシーン”と呼ばれた凄腕の存在を消し去ろうとしていた―。

評価:★★★☆☆

 『このミステリーがすごい!』(2011)第4位

『仏陀の鏡への道』(ドン・ウィンズロウ) - 2010.05.01 Sat

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

「あしたから始められるぐらい、体調は良好でしょうか?」伍がきいた。
「決まり金玉」

『仏陀の鏡への道』(ドン・ウィンズロウ) pp.343

鶏糞から強力な成長促進エキスを作り出した研究者が、一人の姑娘に心を奪われ、新製品完成を前に長期休暇を決め込んだ。ヨークシャーの荒れ野から探偵稼業に引き戻されたニールは香港、そして大陸へ。文化大革命の余燼さめやらぬ中国で傷だらけのニールが見たものとは? 喝采を博した前作に続く待望の第二弾。骨太の逸品!

評価:★★★☆☆


『犬の力』(ドン・ウィンズロウ) - 2009.10.25 Sun

犬の力 上 (角川文庫)犬の力 下 (角川文庫)

なぜなら、生きたいからだ。今、その思いは、これまでになく強く、これまでになく切迫している。人生はすばらしく、空気はかぐわしいという思い。まだやり残したこと、やりたいことがありすぎるほどある。
『犬の力(下)』(ドン・ウィンズロウ) pp.109

メキシコの麻薬撲滅に取り憑かれたDEAの捜査官アート・ケラー。叔父が築くラテンアメリカの麻薬カルテルの後継バレーラ兄弟。高級娼婦への道を歩む美貌の不良学生ノーラに、やがて無慈悲な殺し屋となるヘルズ・キッチン育ちの若者カラン。彼らが好むと好まざるとにかかわらず放り込まれるのは、30年に及ぶ壮絶な麻薬戦争。米国政府、麻薬カルテル、マフィアら様々な組織の思惑が交錯し、物語は疾走を始める―。

評価:★★★★☆



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking