topimage

2017-05

『血の極点』(ジェイムズ・トンプソン』 - 2016.04.24 Sun

血の極点 (集英社文庫)

「いいだろう」俺は言った。「教えてくれ」
「一日で全員殺します」
あまりにもミロらしい考えだったので、思わず笑ってしまいそうになった。

『血の極点』(ジェイムズ・トンプソン) pp.226

フィンランド警察特殊部隊を率いるカリ・ヴァーラ警部の家の窓に、脅迫文つきの煉瓦が投げ込まれた。誰かが命を狙っているのだ。そんな折、エストニア人の女性から、売春組織にさらわれた娘の捜索を頼まれる。カリは大富豪たちによる地下取引の現場に潜入するが…。闇組織と脅迫者から、少女と家族を守れるのか?彼がした最後の決断とは?作者急逝による、フィンランド警察ノワールシリーズ最終巻。

評価:★★★☆☆



『凍氷」(ジェイムズ・トンプソン) - 2014.12.31 Wed

凍氷 (集英社文庫)

わが故郷、フィンランド。地獄の底に当たる第九の圏谷。悪魔(ルシファー)の涙はその翼の羽ばたきで氷に変わり、血と罪の凍てつく湖となる。俺は足を引きずって中に戻った。この寒さでは悪い膝がこわばり、左足は引きずる重荷でしかない。
『凍氷』(ジェイムズ・トンプソン) pp.7

フィンランドはユダヤ人虐殺に加担したか―歴史の極秘調査ともみ消しの指令を受けたカリ・ヴァーラ警部。ヘルシンキで起きたロシア人富豪妻の拷問死事件の捜査においても警察上層部から圧力がかかる。さらにカリを襲うのは原因不明の頭痛。妻のケイトは彼を心配するが、臨月を迎えた妻をこれ以上不安にさせることはできない…。激痛に耐えながら挑んだその結末とは?好評極寒ミステリ第2弾!

評価:★★★★☆

『このミステリーがすごい! 2015年版』  12位



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking