topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『粘膜蜥蜴』(飴村行) - 2014.10.21 Tue

粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)

「ぴょるきょん、きゅりろぴ」
奥の方から野太い声がし、大人の爬虫人が四匹歩いてきた。

『ジョーカー・ゲーム』(柳広司) pp.254

国民学校初等科に通う堀川真樹夫と中沢大吉は、ある時同級生の月ノ森雪麻呂から自宅に招待された。父は町で唯一の病院、月ノ森総合病院の院長であり、権勢を誇る月ノ森家に、2人は畏怖を抱いていた。〈ヘルビノ〉と呼ばれる頭部が蜥蜴の爬虫人に出迎えられた2人は、自宅に併設された病院地下の死体安置所に連れて行かれた。だがそこでは、権力を笠に着た雪麻呂の傍若無人な振る舞いと、凄惨な事件が待ち受けていた…。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい!! 2010年版』  6位



スポンサーサイト

『オール讀物(8月号)』 - 2013.08.13 Tue

オール讀物 2013年 08月号 [雑誌]

綾辻 平山 (笑)
『この映画はなぜ怖いのか/オール讀物(8月号)』 pp.217

巻頭グラビア 荒俣宏が選ぶ 日本七大怖いスポット
怖い!
暑苦しくて眠れない夜に……短篇小説傑作選

私の心はサンフランシスコに 中島京子
「見ろ、駿河湾だ」おじいちゃん、ここはカリフォルニアだよ
ア・ラ・モード 森 絵都
えっ、プリンがない? その日最大のいらだちが、彼を襲った
あなたならどうする 井上荒野
私は彼を愛するために生きている。でも……どうすればいいの
アレキサンドライト 松本清張賞受賞第一作 山口恵以子
献身が見させた幻、この女にだけは手を出してはいけなかった
夏を病む 皆川博子
白扇荘の二股に分かれた右の道には絶対に行くなと言われたが
犯罪買います 赤川次郎
私は人を轢き殺した。ふと目を離した隙に死体が消えていた!?
初恋 新シリーズ 真梨幸子
棚を埋める同窓会ノートからルサンチマンと悪意が溢れ出す
私の一行情報 蓮見圭一
僕が二十歳の夏。新宿の編プロで見てしまった男と女の不思議                     
白昼夢の森の少女 恒川光太郎
人間の身体を侵食していく植物が町を覆い尽くしたその先とは
鏡の世界 北村 薫
NYの女優取材、作家の未発見ノート……編集者の日常の謎



『ふちなしのかがみ』(辻村深月) - 2009.07.04 Sat

ふちなしのかがみ

『いくら目に見えても、触れるようになっても、そんなの所詮ただの抜け殻だ。――中身の入ってる奴らと、もっとちゃんと付き合わなきゃダメだ』
『八月の天変地異 ふちなしのかがみ収録』(辻村深月) pp.273

冬也に一目惚れした加奈子は、恋の行方を知りたくて禁断の占いに手を出してしまう。鏡の前に蝋燭を並べ、向こうを見やると……。子どもの頃、誰もが覗き込んだ異界への扉を、青春ミステリの旗手が鮮やかに描きだす!

評価:★★★★★


『戦慄のシャドウファイア』(ディーン・R・クーンツ) - 2009.04.07 Tue

戦慄のシャドウファイア〈上〉 (扶桑社ミステリー)戦慄のシャドウファイア〈下〉 (扶桑社ミステリー)


"真実"あるいは"善なるもの"や"悪"、それに"正義"やさらには"死"といった絶対的なものが、このハイテク時代にあっては、もはや絶対ではなくなったという事実を体得していた。
『戦慄のシャドウファイア』(ディーン・R・クーンツ) pp.22

エリック・リーベン―天才的な遺伝子工学者。彼はその才能を武器にベンチャー・ビジネスを成功させ、莫大な財を築いていたが、別居中の妻レイチエルと口論した直後、自動車にはねられて即死した。しかし、奇怪なことに彼の死体が、市の死体公示所から忽然と消失した。この報せをうけたレイチェルはあることに思い当たったが、それはあまりにも恐ろしい想像だった。信頼する恋人ベンとともに極秘の調査を開始したレイチェルの前に、謎の追手が立ちふさがる。一方、エリックが手がけていたプロジェクト〈ワイルドカード〉の機密流出を恐れた防衛保安情報局の高官アンスン・シャープも二人に対する追跡を開始した。〈ワイルドカード〉とはいったい何なのか?エリックになにがおこったのか?日本でも人気集中、モダンホラーの鬼才クーンツが放つ、超大型サスペンス。

評価:★★★★☆




『ファントム』(ディーン・R・クーンツ) - 2009.02.07 Sat

ファントム〈上〉 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)ファントム〈下〉 (ハヤカワ文庫NV―モダンホラー・セレクション)

「ルービック・キューブの謎を解けなくても、罰は死ではありません」
『ファントム(上)』(ディーン・R・クーンツ)pp.308

風光明媚な田舎町に異変が起こった。一夜にして全住民500人が死んだのだ!たまたま町を出ていて助かった二人の姉妹は、生者を捜してゴースト・タウンをさまよった。いったい何がこのような惨事を招来したのか?悪疫、放射能、有毒化学物質、それとも軍事用に開発された細菌兵器か?だが、見つかるのは胸のむかつく異様な死体ばかり。中には首や手を切断されオーブンに入れられた者や何かを恐れてバリケードを築き、拳銃を乱射している者まで発見された…。

評価:★★★★☆


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。