topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミスター・メルセデス』(スティーブン・キング) - 2017.05.23 Tue

ミスター・メルセデス 上ミスター・メルセデス 下

世界の肌をざっくり切り裂いて傷跡を残すことだ。つまるところ、それこそが歴史ではないだろうか――そうした傷跡こそが。
『ミスター・メルセデス(下)』(スティーブン・キング) pp.173

車を暴走させて八人の命を奪って消えた殺人犯。いま退職刑事の元にそいつからの挑戦状が。異常殺人犯と不屈の男の対決がはじまる!

評価:★★★★★

『このミステリーがすごい! 2017年版』 3位



スポンサーサイト

『ザ・カルテル』(ドン・ウィンズロウ) - 2017.05.23 Tue

ザ・カルテル (上) (角川文庫)ザ・カルテル (下) (角川文庫)

愛はすべてを打ち負かすという。
それは間違いだ、とケラーは思う。
すべてを打ち負かすのは、"憎しみ"だ。
憎しみは憎しみさえも打ち負かす。
『ザ・カルテル(下)』(ドン・ウィンズロウ) pp.393

麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。30年にわたる血と暴力の果てにもぎとった静寂も束の間、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な賞金が賭けられた。玉座に返り咲いた麻薬王は、血なまぐさい抗争を続けるカルテルをまとめあげるべく動きはじめる。一方、アメリカもバレーラを徹底撲滅すべく精鋭部隊を送り込み、壮絶な闘いの幕が上がる―数奇な運命に導かれた2人の宿命の対決、再び。『犬の力』、待望の続篇。

評価:★★★★☆

『このミステリーがすごい! 2017年版』 2位



『熊と踊れ』(アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ) - 2017.04.30 Sun

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

「氏族は、ほんものの氏族は、絶対に仲間を裏切らない」
 やがて父さんが体を起こす。
「ほんものの氏族は、絶対に仲間を裏切らない」
 ワインのにおいのする息が、きつめのダンガリーシャツから立ちのぼる汗のにおいと混じり合う。
「ほんものの氏族は、いつでも仲間を守る」
 気のせいだと、レオには分かっている。それでも、そう感じずにはいられない。父さんは俺だけに話しかけている、と。
「そうしないと……仲間を失ってしまうんだ」
『熊と踊れ(下)』(アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ) pp.61

緻密かつ大胆な犯行で警察を翻弄し、次々と銀行を襲撃していくレオたち。その暴力の扱い方は少年時代に父から学んだものだった。
かつて彼らに何がおこったのか。そして今、父は何を思うのか――。過去と現在から語られる〝家族"の物語は、轟く銃声と悲しみの叫びを伴って一気に結末へと突き進む。
スウェーデン最高の人気を誇り、北欧ミステリの頂点「ガラスの鍵」賞を受賞した鬼才が、圧倒的なリアリティで描く渾身の大作

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい! 2017年版』 1位



『静かな炎天』(若竹七海) - 2017.02.19 Sun

静かな炎天 (文春文庫)

編集中
『静かな炎天』(若竹七海) pp.

ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい! 2017年版』 2位



『涙香迷宮』(竹本健治) - 2017.01.02 Mon

涙香迷宮

「僕もつくづく再認識しました。涙香こそ遊芸のレオナルド・ダ・ビンチです」
『涙香迷宮』(竹本健治) pp.318

明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのは、IQ208の天才囲碁棋士・牧場智久! これぞ暗号ミステリの最高峰! いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作るという、日本語の技巧と遊戯性をとことん極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。そこに仕掛けられた空前絶後の大暗号を解読するとき、天才しかなし得ない「日本語」の奇蹟が現れる。日本語の豊かさと深さをあらためて知る「言葉のミステリー」です。「このミステリーがすごい!2017」第1位!

評価:★★★★☆

『このミステリーがすごい! 2017年版』 1位



『悪の教典』(貴志祐介) - 2015.05.23 Sat

悪の教典〈上〉 (文春文庫)悪の教典〈下〉 (文春文庫)

死体を隠したければ、死体の山を築くしかない。
『悪の教典(下)』(貴志祐介) pp.189

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい! 2011年版』  1位



『満願』(米澤穂信) - 2015.01.12 Mon

満願

「ちくしょう、死人宿め。これでまた、さぞや繁盛するだろうよ」
『満願/死人宿』(米澤穂信) pp.97

第27回山本周五郎賞受賞
2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位
2014「週刊文春ミステリーベスト10」 第1位
2015年版「ミステリーが読みたい! 」 第1位

2014年のミステリー年間ランキングで3冠に輝いた、米澤ワールドの新たなる最高峰!

人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。人を殺め、静かに刑期を終えた 妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在 外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇 する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、 ミステリ短篇集の新たな傑作誕生!

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい! 2015年版』  1位



『ダブル・ジョーカー』(柳広司) - 2014.11.16 Sun

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

「私ロビンソン・クルーソーは、一六三二年にヨークで生まれた……」
『ダブル・ジョーカー』(柳広司) pp.321

結城中佐率いる異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの諜報組織“風機関”が設立された。その戒律は「躊躇なく殺せ。潔く死ね」。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは?表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など5篇に加え、単行本未収録作「眠る男」を特別収録。超話題「ジョーカー・ゲーム」シリーズ第2弾。

評価:★★★☆☆

『このミステリーがすごい!! 2010年版』  2位



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。