topimage

2017-05

『透明人間の告白』(H・F・セイント) - 2008.05.03 Sat

透明人間の告白〈上〉 (新潮文庫)透明人間の告白〈下〉 (新潮文庫)

それでもやはり、目に入るのは、はるか下のクレーターの底だけだった。またしても、空中で宙返りしているような感覚に襲われた。が、こんどはあわてずに、足下にしっかりと目を凝らした。すると、そのとき初めて気づいたのだが……足が、ない! なんてこった! またしても悲鳴をあげた。瞬間的に頭にのぼったのは、両足を吹っ飛ばされたのにちがいない、という思いだった。ああ、くそ、僕は死にかけているのだ。「助けてくれ! だれか、たのむ!」
『透明人間の告白(上)』(H・F・セイント) pp.105

ウォール街の証券マン、ニックは、偶然巻き込まれた事故で突如“透明”になってしまった。透明になったら無限の自由が手に入ると思っているあなた、ちょっと待って下さい。透明な人生は決して楽ではありません。食事は?買物は?生活費は?でも見えても見えなくても、人は生きていかねばなりません。透明人間の苦難と哀しみの底から、不透明な現代が浮び上がってくる秀逸な作品。

評価:★★★★☆


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking