topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】『どんがらがん』(アヴラム・デイヴィッドスン) - 2013.04.21 Sun

どんがらがん (奇想コレクション)

「まるでゴーレムみたいな歩き方だ」
『どんがらがん』(アヴラム・デイヴィッドスン) pp.15

空前絶後の輝かしい受賞歴をもち、キプリングやサキ、G・K・チェスタトンに比肩すると評されるアヴラム・デイヴィッドスン。この才気と博覧強記の異色作家が遺した短篇を、日本の誇る才気と博覧強記の作家殊能将之が編んだ傑作選。超兵器“どんがらがん”をめぐるピカレスクでスラップスティックな表題作、完璧な短篇小説「ゴーレム」、ヒューゴー賞受賞「さもなくば海は牡蛎でいっぱいに」、MWA賞受賞「ラホール駐屯地での出来事」、世界幻想文学大賞受賞「ナポリ」、新本格ミステリ的な逸品「すべての根っこに宿る力」ほか、全16篇を収録。

評価:★★☆☆☆



追悼
殊能将之


覆面作家ということもあるのか、年齢を知らず、メフィスト賞作家=20代でデビュー=同世代というイメージのまま、訃報を知ったので、若いだろうに。。。と思ったら、意外と世代が上だったと思いました。
それでも、亡くなるには、若いですね。

久しぶりに奇想コレクションを読みました。(5年ぶり?)
殊能将之編ということで、この人はこんなこともできるんだと思いましたが、年末のランキング誌で本作がそんなにふるわなかったので、読む気はありませんでした。

さて、殊能将之の思い出ですが、読んだ本は『ハサミ男』と『黒い仏』の2作品です。
『ハサミ男』がメフィスト賞を受賞したときは、新本格をまだ読んでいたときでもあったので、すぐに読んだのを覚えています。
結構、話題になったかと思いましたが、○○ネタだったこともあり、個人的には思ったよりもオーソドックスな作品だったので、それ以降は読み続ける作家ではありませんでした。

その後に、読んだのは『黒い仏』でしたが、あまりにもメタミステリ色が強すぎて、嫌いな作品だったので、その後は殊能将之氏の作品には手を出しませんでした。


さてさて。

『どんがらがん』は、1作目の『ゴーレム』は五つ星級の秀作だったと思いましたが、その他の作品は読みにくいものが多かったので、短編集としては退屈でした。

何が何だか、分からないまま、話が進んでいって、後半で話が見えてきて、ふたを開けてみると、普通な感じなオチ。
読み返す気もおきないので、面白さの本質も見えないまま、読み終えたって感じでした。

400ページで、16作と1作品あたりのページは20ページ弱なのに、なかなか文脈から何の作品か分からないのが、つらいです。
「なんじゃこりゃ」と思って、もう一度、内容を知ってから、読んで、スルメのように味わう作品って感じなのかしら。


aaaa

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://delerium.blog40.fc2.com/tb.php/388-d674ea6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『遮断地区』(ミネット・ウォルターズ) «  | BLOG TOP |  » 『機動戦士ガンダム』

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。