topimage

2017-07

『シン・ゴジラ』 - 2016.08.20 Sat

img_visual_jp-1.jpg


シン・ゴジラです。
クレヨンしんちゃんとのコラボしてましたね。
ゴジラって正月映画というイメージあります。
子供の頃、父親と地元の映画館(今はなき幸手劇場に)に見に行ってました。

監督は庵野秀明。
そして、庵野秀明といえば、エヴァですが、ゴジラをエヴァ風に料理したのかしらって思いました。
僕は完全にエヴァ世代(放送されていたのは高校生の時)なので、シン・ゴジラはとても楽しめました!

体はゴジラだけど、ゴジラの放射熱線は、使徒の光線と一緒でした。
キュイーンってなって、ビルを薙ぎ倒すのとか、なんかデジャブでしたね。。
ストーリーよりも雰囲気がしっくりっくる感じでしたね。

そして、ヤシオリ作戦。
エヴァでいうヤシマ作戦と基本的には同じでしたが、ゴジラの設定をしっかりと醸していい解決策だったかな。
でも、僕は電気屋なので、、ヤシマ作戦の方が好きです!


aaaa

● COMMENT ●

日本的

やっと観ました、amazonビデオで(笑

すごく疲れましたが2時間あっという間で、予想外に面白かったです。
日本でもこういう映画作れるのね、とちょっと嬉しくなってみたり。
サイド・ストーリーに逃げないで、ゴジラ対政府の対応というスタンスを貫いたのが良かったのかなとも思います。

政府の対応は日本的でしたね、良くも悪くも。
多分アメリカでも似たようなことやってるんだろうけど、ハリウッド映画はそんなお役所仕事すっ飛ばしてエンタメに仕上げるもんなあ。でもお役所仕事の大変さがわかって逆にリアリティを感じられましたが。

文字が多くて疲れたので、時間を空けてからもう一回観ることにします(笑

コメント、気づきませんでした。

僕はエヴァ世代なので、懐かしさもあり、しっくりきました。

平成ゴジラって、若干、ヒーロー的な存在でしたが、シン・ゴジラは、人間では対処しきれない存在というのがよく表現できていたと思います。
あとは、「人間も頑張れる!」っていう、対ゴジラ作戦が非常に前向きさのある作品だったのもよかったですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://delerium.blog40.fc2.com/tb.php/536-44a0a400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『虚構の男』(L・P・デイヴィス) «  | BLOG TOP |  » 『東京會舘とわたし』(辻村深月)

プロフィール

Cozy

Author:Cozy
30代。サラリーマン。電気屋。休日読書。休日子守。読書量減。減。

海外ミステリが好きです。
読むペースに波がありますが、よろしくお願いします。

最近の記事+コメント

タグクラウド

SF

現在、読書中

Cozyの今読んでる本

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

アーカイブリスト

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

画像表示

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking